エステート・リード パラダイム

 

経験を更なる強みに

日時: 2015年03月10日

今岡 憲成

先日、入社1年目の社員が初めての研修を受講して参りました。
研修に行く前は期待と不安で一杯だったように見えました。
しかし、3日間の研修を終えて戻ってからは、生き生きとした表情と人への感謝力・謙虚さが更にアップした事を、傍から見ていても明らかな様子でした。
真っ白な気持ちで望んだ研修への姿勢は、スポンジのように大切なものを吸収し何かに目覚めたように思えました。
その姿を見ていると、私も気が引き締まる思いと同時に負けられない気持ちで一杯になりました。
研修後の朝礼で発表してくれた彼女の姿は、とても柔軟な考え方と進歩した、見ていても清々しい気持ちを与えてくれました。
私は今までの経験が先に立ってしまい、柔軟に考える事が少なかったと思いました。
柔軟な考え方を持ち、初心を振り返るという事をしなければ、衰退の一途を辿ってしまうと思いました。
~~~~~~~~

HP松下幸之助氏の言葉より

「今までやってきたことを、それを一ぺん白紙に戻す。
その知識にとらわれず、一からやり直す。すると、その捨てたものも有意義に働き始める。」
ものごとにとらわれ過ぎて、困ってしまった時は、一度白紙に戻してみる。
白紙に返して一からやり直しても、いったん習ったものは忘れない、やっぱり身についているから。けれども、それにとらわれてはいけない。
知識にとらわれずに、経験をもっていたら、それは知恵のヒントになる。
それはプラスになり今までやってきたことは無駄ではない。
無駄ではないけれども、それにとらわれたらむしろ重荷になる。
だから一ぺんそれを捨ててしまう。
捨ててしまうといっても、いったん覚えたものは、忘れずにちゃんとあるから有意義に働く。
一ぺんは捨ててしまって、新たに出直す。そして今までやってきて役に立つものだけを生かしていくということでやればよいという事である。

~~~~~~~
経営の神様と言われた、松下幸之助氏は、どんな場面に於いても人の話をフラットに聴き、素直にもの事を見る事が自然に出来からこそ、物事の本質を適格に見抜く事が力があり、今日でも多くの人
から尊敬され目標とされる人物だったと思いました。

今まで積み重ねた経験は、大変貴重な財産であると同時に、場合によっては新しいものを取り入れるにのには、経験が大きな妨げになる場合があります。
経験があるから、こんな事は「わかっている」「出来る」と思い違いをしないように、しなければなりません。そこのところを勘違いすると大きな落とし穴に陥ってしまう事になってしまいます。


新しいもの受け入れるには、まず今までの経験や先入観を持ってしまうと、還って邪魔をしてしまいます。
新しいものを受け入れるには、それらのものを一度白紙にしフラットな気持ちで素直に相手の話を聴き、相手の事を受け入れなければ本当の本質を見抜く事や学ぶことが出来なくなってしまいます。

私たちの生きているこの時代は、いつでも同じ状況ではなく、日々進歩しています。
時代の進歩に対して、私たちはいつも進化しなければならないと思います。

そのためには、今までの経験や固定概念を捨て、どんな場面でも素直に受け入れ謙虚でなければ、進歩の道は遠のいてしまうということだと思います。

進化する事で、今までの経験にさらに新しい経験を増やす事により、更なる強みになります。

私自身も今だに、知らない世界や、気づかない事がたくさんありますので、教えて頂けるチャンスや事実を謙虚に捉えもっともっと人の意見を受け入れたいと思います。
折角、そういったチャンスをもらえるなら、わくわく楽しみながら、前向きに進化しなければならないと思いました。



ページの先頭へ戻る