エステート・リード パラダイム

 

やる気×熱意×考え方

日時: 2019年01月28日

A・Y

2019年が始まりもう1月が終わると思うと、月日が流れるのは早いなと感じています。
今年は「業務の時間の効率を上げる」「昨年立てて未達成になってしまった資格の勉強に取り組み、試験に挑戦する」と目標を立てました。

決めた理由は、要領が悪く無駄な時間を使っていることで1つの業務に対して、時間がかかってしまい遅くなっていると思ったからです。
もう1つは、昨年未達成に終ってしまったので今年こそは!という気持ちで、合格出来ることが1番ですがまず試験に挑戦出来るように勉強に取り組もうと思いました。

「1年の始まりだからしっかり目標を立てよう」と、今だけのやる気にならないように気をつけて、年末に目標達成出来たと言えるように頑張りたいと思っています。

こうして今年のことを考えているときに、下記の稲盛和夫さんの言葉をインターネットで読みました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人生・仕事の結果は、考え方×熱意×能力という一つの方程式で表すことができます。
「能力」とは、知能や運動神経、あるいは健康などがこれにあたり、両親あるいは天から与えられたものです。
「能力」に「熱意」という要素が掛かってきます。これも、やる気や覇気のまったくない、無気力で自堕落な人間から、人生や仕事に対して燃えるような情熱を抱き、懸命に努力を重ねる人間まで、やはり個人差があります。
これに「考え方」が掛かってきます。掛け算ですから、マイナスの考え方を持っていれば、「能力」があればあるほど、「熱意」が強ければ強いほど、大きなマイナスになってしまいますプラスの「考え方」を持っていれば、人生・仕事の結果は、さらに高いプラスの値となるのです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

両親や天から与えられた身体があって、また周りの皆さんに支えて頂いて今の自分があることに感謝をして自分を活かしていかなければいけないと思います。

与えられた能力を活かすということは、出来事にまず挑戦することだと感じました。
そこに必ず達成しようと強い熱意が掛けられれば、目標の過程で、もし上手くいかないなとマイナスに感じる時があっても、「それだったら何で自分は上手くいかないと感じているのだろう?」と振り返り出来るようになる為に「あの時こうしていたら良かったのではないか。じゃ、次からは変えて取り組んでみよう」とプラスの思考で改善を考えることが出来ると思いました。

反省が反省で終わるのではなく、どうすれば良かったのか、出来るようになるのかを深堀して検証し実行してクリアしていくことが、考え方を掛け算にするということなんだと思いました。
記事にも書いてあったように、掛け算なので、マイナスの掛け算で大きくならないようプラスのエネルギーが掛け算膨らむようにいつも自分自身と真剣に丁寧に向き合っていきたいです。

仕事も人生(自分自身)も更に幅を広げて上げていけるようになりたいと思いました。



ページの先頭へ戻る